【番外編】ラダーラック作りの紆余曲折

こんにちは!しっしーです。

 

突然ですがDIY初心者の方、いろいろ作られている方へ質問です。

「毎回想定通りに完成する頻度はどのくらいですか?」

 

と、いうのも・・・

DIY歴6年、各地でDIY講師を務めさせて頂くことも多いにもかかわらず

未だにスムーズに行かないことや悩みPOINTなどがあります💦

 

きっとDIY女子部の皆さんもそんな悩みや失敗談などがあるはず。

 

と同時、に解決策も同じ数だけあるのでは?と思い

その解決策を共有し合えたら素敵だなぁということで

先日作ったラダーラックの紆余曲折と対処法をレポートさせて頂きます!

 

 

 

その1:材料の使い方に悩む


今回は16㎜×35㎜の長方形の角材を使用しました。

まず材料を縦で使うか横で使うか?を悩み始めます。


 

 
A:縦使いは強度が上がる


縦使いはたわみにくい。       平使いだと中央からたわみがち。

 

木材は同じ断面積の場合、左側のように高さがある方が上からの荷重に強くなります。

並べてみた感じでも縦使いの方が、バランスがいい気がする…

さらに今回は、棚板なども設置できるように縦使いで組み立て、強度の高い形にするのがベストです。

 

 

 
B:横使いは作業効率があがる

でも、じゃあなぜ悩んでるのか?というと

縦使いでは「ねじを打つ時が難しくなる」からです。

 

真っすぐねじを留めるのは意外と難しいもの。

幅の狭い材だと、ウッカリしてねじが飛び出す可能性が高くなります。

 

横使いのほうがねじが飛び出すリスクが低いんです。


 

 

 
結論:今回は“B”横使いで作ることにしました。

理由はこの三つ。

  • みんなで作ることが目的

  • 重いものを載せる機会は少ない

  • 一日で完成させたい


楽しく完成させるために、今回は横使いに決定♪

しかしここまでで既に30分ほど経過してました💧

 

 

 

その2:間違って穴を空けてしまった


イメージ図にあるように三台の梯子を繋げるのですが

二台は梯子状、残りの一台は上と下のみに横材を取り付けた形状…↓


 

 

…が!

間違って余計なところまで下穴を空けてしまいました。


 

でも大丈夫! DIYに失敗はないのです^^

 
木工パテを使う

今回は木工パテを使用して穴を埋めます。

この木工パテはチューブ状なので、パテを絞り出したら添付のヘラで表面を整えます。

塗装をすると目立たなくなります。

他につまようじを埋めるような手法もありますね^^

 

 

 

 

 

その3:ねじ頭が銀色


いや、銀色がダメというわけではなく…

今回丁番代わりに黒の革を使用、さらにシックに仕上げたいのでねじも黒色のほうがいい。

 
アクリル絵の具を塗る

今回はアクリル絵の具の黒を塗りました。

金属にも塗ることができるタイプも多いので、一つあると便利です。


最近は黒や白のねじも発売されているので、イメージに合ったものが購入出来ると尚良いですね♪

 

 

完成




 

 

DIYに正解はない! だから楽しい。


DIYはDoityourself。

自分で考えて作業する行為なので、試験のように正解はありません。

 

毎回悩みながら作り上げる過程や、仲間と一緒にアイディアを出し合うのがDIYの醍醐味でもあります。

 

DIY女子部の提携ワークスペースでは

そんな醍醐味を味わえるサービスなどもご用意いただいていますので、お友だちと遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

REPORT

DIY女子部 しっしー